クレジットカード、カードローン、消費者金融での複数社の過払い金請求





過払い金請求弁護士ランキング
トップページ『過払い金請求弁護士ランキング』 » クレジットカード、カードローン、消費者金融での複数社の過払い金請求

クレジットカード、カードローン、消費者金融での複数社の過払い金請求

クレジットカードやカードローンなどを利用しすぎて、ついたくさんのカードを作ってしまい、多重債務に陥ってしまうケースがよくあります。複数の消費者金融業者からキャッシングをしている場合には、注意が必要です。お金をしっかりと管理できる人でなければ、複数の消費者金融業者から借入をするのは止めておきましょう。つまり、大前提として、借入先を増やさないようにすることが大切です。でも、お金にだらしのない人は、クレジットカードでたくさんの買い物をしたり、カードローンを使って必要以上にキャッシングをすることがあります。こうして複数社の借入先ができてしまい、必要以上に無駄な利息を支払ってしまうことがあるわけです。借入は1社に絞ったほうが金利が低くなるのは当たり前のことです。複数社の借入先を作ってしまい、お金で失敗をする人も多くなっています。では、そんな場合にも過払い金請求ができるのでしょうか?こうした問題はよく起こりえます。過払い金請求でも取引の個数について問題になることがあります。この場合、たいていは複数の取引をまとめて1つの取引として扱うことになります。いわゆる引き直し計算と呼ばれる方法です。引き直し計算をするとどうなるのかといいますと、複数の債務を別個に考えたときよりも、債務残高がより早くより小さくなり、逆に過払い金の金額が大きくなる傾向があります。過払い金の引き直し計算は、専門用語では「一連充当計算」と呼ばれる方法になります。一連充当計算をすると、場合によっては、個別に計算したときよりも、数十万円から100万円以上の差が出てきます。そのため、個別に計算して欲しい消費者金融業者側との戦いになることは間違いありません。しかし、どの消費者金融業者に対して過払い金を請求するのか、または請求しないのかを選ぶこともできます。消費者金融業者は、何も言いませんが、主張するのはお金を借りている当事者になります。両方のケースを考えて弁護士や司法書士と相談するべきでしょう。ある消費者金融業者への過払い金を請求し返還した後、別のクレジットカード会社への返済に充て、その後その会社へも過払い金請求をすることもできます。これも過払い金請求をする当事者の状況や思惑によりますし、選ぶことができます。よくわからない場合には、事前に必ず専門家に相談してください。弁護士や司法書士はあなたの味方になってくれるはずです。
債務整理・過払い金請求で失敗しない!タイプ別で選ぶ弁護士

よく読まれる記事

過払い金の引き直し計算|無料調査方法
過払い金が実際に発生しているのか?また発生しているとすれば一体いくらぐらい返還されるのか?を知るには引き直し計算といった現在の金利分との計算をしなくてはなりません。引き直し計算を実際にするには...

過払い金を請求するといくらぐらい戻ってくるのか?
どうしようか迷っている過払い金請求。前から気になっていたけれど、キャッシング会社やカードローン会社に利息を取られ過ぎていたのかもしれない、と少しでもそんな考えが浮かんできたら......

過払い金請求先が倒産していた...それでも返還請求は可能?
あなたの過払い金、まだ請求していなくて、気になっているとしたら、早めに手続きを行ってください。これは冗談ではありません。過去に過払い金請求をしようと思っていたら、多くの利用者が......

過払い金を請求にかかる手数料って?
貸金業に対しての過払い金が発生している場合には返還請求手続きをする事が出来ますが、自分でする場合も弁護士や司法書士に依頼する場合でも手数料は必要です。手数料として大きく分けて2つあり......