債務整理後の過払い金請求について





過払い金請求弁護士ランキング
トップページ『過払い金請求弁護士ランキング』 » 債務整理後の過払い金請求は可能?3パターンを徹底解説

債務整理後の過払い金請求は可能なのか?

債務整理方法3パターンについて徹底解説

過去に債務整理を行ったことがあって、その際過払い金請求をしていなかった場合、場合によっては過払い金請求が可能な場合があります。ただ、弁護士や司法書士に債務整理を依頼していた場合には、債務整理を行った場合に、過払い金に関しても全て相殺して処理を行っていたケースがほとんどです。自分で債務整理を行っているケースはあまりありませんが、弁護士に依頼していた場合には、もしかしたら、過払い金請求の権利はすでに無くなっていると考えたほうがいいかもしれません。また、債務整理にはいくつかの種類があります。任意整理、特定調停、自己破産といった方法です。

任意整理

可能性として考えられるのが任意整理です。任意整理なら、過払い金があれば、残債と相殺することになります。相殺した上で過払い金があれば、その後の任意整理で返還されますが、他のローンとの相殺もありますので、残る金額は少ないでしょう。つまり、任意整理時に過払い金の相殺も済んでいることが多いということです。

特定調停

次に特定調停のケースですが、過払い金がある場合は、残債との相殺になります。ところが、他のローンとの相殺はできなくなっています。その場合は、別に不当利息返還請求という手続きがありますので、忘れないように手続きを行いましょう。もちろん、弁護士などの法律の専門家に債務整理を依頼している場合には、こうした手続きも忘れずに行うのが通常ですので、債務整理時に過払い金の処理も終わっているということが予想されます。

自己破産

自己破産のケースも同じく、通常は自己破産時に過払い金の相殺も終わっています。自己破産ですから、残債のほうが多いことがほとんどです。ですから、弁護士や司法書士は、何も言わなくてもきちんと処理を終えていることになります。過払い金の請求権は10年ですが、債務整理が10年以内に行われていて、弁護士のほうでも過払い金の調査回収を行っていない場合に限って、債務整理後の過払い金請求をすることができます。これも法改正の初期のころの自己破産などの債務整理で、過払い金の請求に関してはまだその手法が確立されていなかった時代のことです。今現在、過払い金を考慮せずに債務整理を行うケースはまれです。逆に自分で債務整理を行う人が増えていることもあって、そうした人が後になって過払い金請求するケースはたまにあるようです。


よく読まれる記事

過払い金の引き直し計算|無料調査方法
過払い金が実際に発生しているのか?また発生しているとすれば一体いくらぐらい返還されるのか?を知るには引き直し計算といった現在の金利分との計算をしなくてはなりません。引き直し計算を実際にするには...

過払い金を請求するといくらぐらい戻ってくるのか?
どうしようか迷っている過払い金請求。前から気になっていたけれど、キャッシング会社やカードローン会社に利息を取られ過ぎていたのかもしれない、と少しでもそんな考えが浮かんできたら......

過払い金請求先が倒産していた...それでも返還請求は可能?
あなたの過払い金、まだ請求していなくて、気になっているとしたら、早めに手続きを行ってください。これは冗談ではありません。過去に過払い金請求をしようと思っていたら、多くの利用者が......