延滞していても過払い金請求は可能か?





過払い金請求弁護士ランキング
トップページ『過払い金請求弁護士ランキング』 » 延滞していても過払い金請求は可能か?

借金延滞していても過払い金請求は可能か?

カードローンやキャッシングで借入があるけれども、過払い金があるなら、早めに請求したほうがいいはずです。借入残高が多いと毎月支払う利息は増加していきます。複利の逆の効果が働きますから、元金の返済をしていかないと、借金は増えていくことになります。だからこそ、借金はできるだけ早めに完済することが鉄則です。しかし、借入残高が増加してきて、ついに支払いができなくなり、延滞中だという人はここで今までの借入状況を見直し、債務整理を行うべきかどうか考えるべきでしょう。そこで弁護士や司法書士などの専門家に相談するということになります。その際に過払い金請求をすべきかどうか、専門家のほうでも判断をしてくれます。しかし、借金を延滞しているのに、過払い金請求をすれば、個人信用情報に債務整理として載ってしまい、ブラックリストにも記載されてしまう恐れもあります。過払い金請求にもデメリットがありますが、延滞時の過払い金請求にはどんなメリットや注意点があるのでしょうか?ただ、現段階で借金を延滞しているということは、何かと問題があります。やはり、過払い金請求を含めて専門家に相談することが先決になります。結果的には過払い金請求をするしないに関係なく、専門家に相談することになるからです。また、延滞したことによる借金の取り立ての恐怖からも一時的に逃れることができます。お金の問題は時間の問題でもあります。後になればなるほど、借金が増えていきます。今はまだ大丈夫だからと、先送りにしていれば、借金が増えて取り返しのつかない状態になってしまいます。延滞時に過払い金を請求するには、いろいろなケースがあり、遅延損害金を支払っている場合や、返済が遅れているだけの場合など、それぞれに応じて対策が異なっています。遅延損害金を支払っていた場合には、全額過払い金を請求することができます。遅延損害金もそれだけ金利が高くなっているからです。借金が残っている場合に遅延損害金を支払っていない場合には、引き直し計算をした後に遅延損害金を再計算します。そのため、元の遅延損害金よりも小さくなります。過払い金が多いとなれば、遅延損害金と相殺されて戻ってくるわけです。こうして、延滞時であってもいくつかのケースにより過払い金の金額は異なりますが、たいていはお金が返還されてきます。うまく債務を整理していくようにしましょう。完済できれば、個人信用情報にも記載されることなく全てを終えることも可能です。
債務整理・過払い金請求で失敗しない!タイプ別で選ぶ弁護士

よく読まれる記事

過払い金の引き直し計算|無料調査方法
過払い金が実際に発生しているのか?また発生しているとすれば一体いくらぐらい返還されるのか?を知るには引き直し計算といった現在の金利分との計算をしなくてはなりません。引き直し計算を実際にするには...

過払い金を請求するといくらぐらい戻ってくるのか?
どうしようか迷っている過払い金請求。前から気になっていたけれど、キャッシング会社やカードローン会社に利息を取られ過ぎていたのかもしれない、と少しでもそんな考えが浮かんできたら......

過払い金請求先が倒産していた...それでも返還請求は可能?
あなたの過払い金、まだ請求していなくて、気になっているとしたら、早めに手続きを行ってください。これは冗談ではありません。過去に過払い金請求をしようと思っていたら、多くの利用者が......

過払い金を請求にかかる手数料って?
貸金業に対しての過払い金が発生している場合には返還請求手続きをする事が出来ますが、自分でする場合も弁護士や司法書士に依頼する場合でも手数料は必要です。手数料として大きく分けて2つあり......