過払い金請求は弁護士か司法書士のどちらに依頼したら良いのか





過払い金請求弁護士ランキング
トップページ『過払い金請求弁護士ランキング』 » 過払い金請求は弁護士か司法書士のどちらに依頼したら良いのか

過払い金請求は弁護士か司法書士のどちらに依頼したら良いのか

過払い金請求を得意とする弁護士や司法書士に依頼しよう
過払い金請求がより身近に請求しやすくなったため、テレビCMやネットの広告でも見かけるようになりました。同時に多くの人が知らないうちに消費者金融業者からの高金利での貸し付けを受けていた可能性が高いということです。完全に違法とはいえない状態での貸し付けですから、自分で身を守るために法律の知識を身につける以外他はないでしょう。人によっては身近に法律に詳しい人がいるかもしれませんが、非日常的と言えますね。
法律の知識を持ったプロといえば弁護士や司法書士になりますが、過払い金請求をお願いする場合、弁護士や司法書士以外にお願いするのは止めておきましょう。法律を熟知し、さらに過払い金請求に詳しく、その案件を請け負った経験のある専門家に依頼するべきです。弁護士であっても、得意分野があります。同じように見える弁護士事務所でも過払い金請求を全く取り扱っていないところもあります。近くにあった事務所だからとあまり過払い金請求について知らない弁護士や司法書士に依頼してはいけません。
弁護士と司法書士との違いはあるのか?
弁護士と司法書士にはどのような違いがあるのでしょうか?弁護士はあくまでもあなたの代理として、簡易裁判所や地方裁判所、最高裁判所でも大活躍をしてくれます。ところが、司法書士は訴訟の額が140万円までの簡易裁判所までの案件しか扱うことができません。地方裁判所での140万円以上の訴訟となると、司法書士ではなく弁護士でないと代理人としての仕事ができないということです。これはかなりの違いになります。支払うべき報酬面で見ても司法書士のほうが安くなるのは当然です。ただ、過払い金請求については、弁護士も司法書士も同じような報酬に落ち着いています。
では、弁護士と司法書士とはどちらを選ぶべきかといった問題ですが、過払い金の返還額1社当たりが140万円を超えているなら弁護士にお願いし、それ以下ならば司法書士にお願いするべきです。しかし、過払い金の返還額がいくらなのかは自分自身で調べない限り分かりません。ちなみに自身で調べるには請求先に対して取引履歴を送ってもらい自身で引き直し計算をしなくてはいけません。自身でするよりも弁護士や司法書士の方に相談してみることをおすすめしています。
→当サイトおすすめ!司法書士の在籍する法務事務所のアヴァンス法務事務所の公式サイトへはこちらから
しかし、単純な法律問題なら司法書士に依頼すれば、コストも抑えることができます。あまり意識して使い分けることはなかったかもしれませんが、弁護士や司法書士も同じような仕事をしているわけではなく、訴訟の規模において住み分けされている。ということを理解しておきましょう!!過払い金額が140万円を超えるとなると、大きな借金を抱えていることになります。一般の人ならそこまで借金が膨らむ前に無料相談を活用して無駄な利息の支払をストップするべきです。最初に司法書士へ行っても手に負えないとなれば、弁護士を紹介するはずです。まずは敷居が高いと思わずに専門家に相談することを実践しましょう。 過払い金が140万円が越えていそうな方はRESTA法律事務所へ無料相談してみては?
債務整理・過払い金請求で失敗しない!タイプ別で選ぶ弁護士

よく読まれる記事

過払い金の引き直し計算|無料調査方法
過払い金が実際に発生しているのか?また発生しているとすれば一体いくらぐらい返還されるのか?を知るには引き直し計算といった現在の金利分との計算をしなくてはなりません。引き直し計算を実際にするには...

過払い金を請求するといくらぐらい戻ってくるのか?
どうしようか迷っている過払い金請求。前から気になっていたけれど、キャッシング会社やカードローン会社に利息を取られ過ぎていたのかもしれない、と少しでもそんな考えが浮かんできたら......

過払い金請求先が倒産していた...それでも返還請求は可能?
あなたの過払い金、まだ請求していなくて、気になっているとしたら、早めに手続きを行ってください。これは冗談ではありません。過去に過払い金請求をしようと思っていたら、多くの利用者が......

過払い金を請求にかかる手数料って?
貸金業に対しての過払い金が発生している場合には返還請求手続きをする事が出来ますが、自分でする場合も弁護士や司法書士に依頼する場合でも手数料は必要です。手数料として大きく分けて2つあり......