過払い金請求に必要な弁護士費用





過払い金請求弁護士ランキング
トップページ『過払い金請求弁護士ランキング』 » 過払い金請求をするにあたっての弁護士費用

一体弁護士費用ってどれぐらい?

弁護士費用の内訳

借金問題は誰もが頭を悩ませる問題です。お金なんて借りなければよかった、と思う人もいますが、お金がないと何もできない世の中です。借りてしまったものは仕方ありません。金利の高い消費者金融会社から借りたお金を返済中であったり、少し前にお金を借りて返済し終わったという人も、もう一度振り返ってみると利息を払いすぎている場合があります。弁護士に相談する場合には、無料で相談してくれるところもありますが、実際に過払い金請求の手続きに入ると、最初に着手金などの費用がかかります。和解や訴訟するかどうかといった判断も弁護士にお任せになりますが、弁護士費用の目安としては、着手金と成功報酬金を合わせると、過払い金の請求額の2割から3割になります。仮に100万円の過払い金の返還になれば、20万円から30万円が弁護士に支払う費用になります。弁護士費用はとても高いと思うかもしれませんが、過払い金請求の場合、引き直し計算をすることで過払い金が発生している状態なら、必ず回収できるものと考えてください。先ほどは弁護士には着手金を支払うケースもあると言いましたが、過払い金請求の場合は、弁護士や司法書士との競争も激しいため、着手金を請求しない弁護士のほうが多くなっています。さらに追加の成功報酬金は、1社あたり2万円が相場になっています。プラスで消費者金融会社の主張する残高の10%と回収した過払い金の20%を請求するところが多くなっています。消費者金融会社の主張する残高の10%の成功報酬金は、請求しない弁護士も多くなっています。こうした着手金と成功報酬金に加えて、実費として印紙代や郵便切手代、コピー代などが必要になります。さらに消費税がかかりますので8%分が上乗せされるということになります。これらの事から過払い金請求の弁護士費用は、請求額の2割から3割が相場になるということです。ちなみに弁護士費用には基準がなく、弁護士事務所によって独自の報酬基準を定めています。そのため、報酬基準を明確に打ち出している弁護士事務所に依頼したほうがいいでしょう。また、いくら腕があるといって、テレビCMなどで派手に宣伝をしている弁護士事務所でも、先ほどの弁護士費用の相場よりも高いということであれば、値下げ交渉をしたほうがいいでしょう。もちろん、弁護士であっても実績を参照するとともに 総見積もりを取ることも忘れないようにしてください。 極力費用を抑えたい人にオススメの事務所→アヴァンス法務事務所へ無料相談
債務整理・過払い金請求で失敗しない!タイプ別で選ぶ弁護士

よく読まれる記事

過払い金の引き直し計算|無料調査方法
過払い金が実際に発生しているのか?また発生しているとすれば一体いくらぐらい返還されるのか?を知るには引き直し計算といった現在の金利分との計算をしなくてはなりません。引き直し計算を実際にするには...

過払い金を請求するといくらぐらい戻ってくるのか?
どうしようか迷っている過払い金請求。前から気になっていたけれど、キャッシング会社やカードローン会社に利息を取られ過ぎていたのかもしれない、と少しでもそんな考えが浮かんできたら......

過払い金請求先が倒産していた...それでも返還請求は可能?
あなたの過払い金、まだ請求していなくて、気になっているとしたら、早めに手続きを行ってください。これは冗談ではありません。過去に過払い金請求をしようと思っていたら、多くの利用者が......

過払い金を請求にかかる手数料って?
貸金業に対しての過払い金が発生している場合には返還請求手続きをする事が出来ますが、自分でする場合も弁護士や司法書士に依頼する場合でも手数料は必要です。手数料として大きく分けて2つあり......