任意整理経験者の整理後の失敗事例





過払い金請求弁護士ランキング
トップページ『過払い金請求弁護士ランキング』 » 任意整理をした後では遅い?経験者に多い知っておくべき失敗事例

債務整理の方法によって入居不可になる?

現在アパートへ住んでいる方であれば次の契約更新、賃貸物件への引越しを考えている方なら任意整理をした後に影響はあるのか?あるとすればどんな影響があるのか?が気になるかと思います。さすがに入居を断られて住む家がなくなってしまっては社会生活を送る事が出来ませんね。そこでアパートやマンションなど賃貸物件への入居審査に不利になる事はあるのか?または入居可能なのか?について調査しました。

あるところだけ気をつけておけば賃貸契約に影響はなし

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産がありますが、自己破産で債務整理をすると現在住んでいる物件の契約更新時に契約解除される場合があります。新規契約であっても同様に基本的には不可能と考えていた方が良いでしょう。しかし、任意整理の場合は自己破産とは違うので、裁判所を介さずに手続きが出来る為、ローン審査には影響するものの、物件の詳細によっても変わりますが、賃貸業者や大家へは債務整理をした事実が知らされません。
これは任意整理の場合は官報には載らないのが影響しています。ただし、家賃の滞納があったりして債務整理の事実が分かると契約解除等も考えられます。また、新規契約の場合の審査についても任意整理では個人信用情報には登録されますが、基本的に賃貸審査だからといって個人信用情報を参照にする事はないので問題ありません。
しかし、気を付けておかなければいけないのは保証会社を通す場合であったり賃貸料の引き落としにクレジットカードを使う場合は個人信用情報を参照にされるので審査落ちが考えられます。こうなると任意整理をしてから5年は審査へ影響すると考えておきましょう。新規契約の場合でも現在の物件に住み続ける場合でもどちらも気を付けておくべき所を押さえて、毎月滞納なくしっかりと賃料を支払っておけば何の問題もありません。※新規契約の場合、物件によって様々なので情報が参考にならない場合もあります。

まとめ

  • 不動産会社が個人信用情報を参照にする事は出来ない為、任意整理が審査へ影響する事はない
  • 保証会社を通す場合や引き落としにクレジットカードを使う場合は個人信用情報を参照にされる事がある為、任意整理が審査に影響する
  • 基本的に任意整理をしたからといって賃貸物件への新規契約や契約更新に影響する事はない

  • よく読まれる記事

    過払い金の引き直し計算|無料調査方法
    過払い金が実際に発生しているのか?また発生しているとすれば一体いくらぐらい返還されるのか?を知るには引き直し計算といった現在の金利分との計算をしなくてはなりません。引き直し計算を実際にするには...

    過払い金を請求するといくらぐらい戻ってくるのか?
    どうしようか迷っている過払い金請求。前から気になっていたけれど、キャッシング会社やカードローン会社に利息を取られ過ぎていたのかもしれない、と少しでもそんな考えが浮かんできたら......

    過払い金請求先が倒産していた...それでも返還請求は可能?
    あなたの過払い金、まだ請求していなくて、気になっているとしたら、早めに手続きを行ってください。これは冗談ではありません。過去に過払い金請求をしようと思っていたら、多くの利用者が......

    過払い金を請求にかかる手数料って?
    貸金業に対しての過払い金が発生している場合には返還請求手続きをする事が出来ますが、自分でする場合も弁護士や司法書士に依頼する場合でも手数料は必要です。手数料として大きく分けて2つあり......