残債ありの場合は?返済中の過払い金請求は可能なのか?





過払い金請求弁護士ランキング
トップページ『過払い金請求弁護士ランキング』 » 残債ありの場合は?返済中の過払い金請求は可能なのか?

残債ありの場合は?返済中の過払い金請求は可能なのか?

残債はあるけれど、いつまでたっても残債が減る気がしない、そんな場合に知り合いの司法書士に相談してみたら、過払い金請求できるかもしれない、と言われました。こういったケースでは、過払い金請求をしてその返還されたお金で完済したり、さらに残債を減らすために返還金を充当することもあります。今返済中のキャッシングやカードローンの完済ができるのなら、これほどうれしいことはありません。では、残債ありの場合の過払い金請求について少し解説していきます。残債ありで過払い金請求をする場合には、お金も戻ってくるケースがほとんどです。もちろん、残債ありで過払い金請求をしても2010年4月以降であれば、過払い金請求の事実は個人信用情報機関には記載されません。だからといって、残債を続けて返済せずにいると場合によってはペナルティを受けることがあるので注意してください。過払い金請求を行ったとしても、その決定が遅れることがあったり、和解や訴訟の判決がすぐに出ないこともあるからです。その場合には約束の期日に支払いが行われていないということで、延滞があったという記録が残ることがあります。一時的であっても延滞情報がついてしまうのは、よくないことです。ただ、貸し手である消費者金融業者との和解が成立したり、訴訟で過払い金が確定した後には、延滞の記録も削除されますので安心してください。ただ、消費者金融などではなく、クレジットカードの申込みや携帯電話の割賦申込み、住宅ローンなどの申込みが一時的にできないようになります。さらに過払い金請求が失敗したり、延滞記録がついたままになってしまうこともあります。そうならないようにいつもきちんと支払いをしておくことが大切です。今後も消費者金融業者や弁護士などとのお付き合いは続いていくはずです。弁護士であっても、きちんと支払いを続けていたけれど、何かの手違いで支払いができなくなった、といった人であれば弁護する気持ちにもなりますが、そうではなく過払い金目当てで返済を止めてしまうと、心象が悪くなってしまいます。きちんとしている人なのかどうか、そういったところは性格に表れてくるものですので、気を付けてください。悪質な場合なら過払い金請求時に、一時的にでも消費者金融業者が債務整理として登録することがあるようです。これもキャッシングやカードローンの利用者次第になります。関係を悪化させたくないなら、和解に向けて前向きな行動をするべきでしょう。
債務整理・過払い金請求で失敗しない!タイプ別で選ぶ弁護士

よく読まれる記事

過払い金の引き直し計算|無料調査方法
過払い金が実際に発生しているのか?また発生しているとすれば一体いくらぐらい返還されるのか?を知るには引き直し計算といった現在の金利分との計算をしなくてはなりません。引き直し計算を実際にするには...

過払い金を請求するといくらぐらい戻ってくるのか?
どうしようか迷っている過払い金請求。前から気になっていたけれど、キャッシング会社やカードローン会社に利息を取られ過ぎていたのかもしれない、と少しでもそんな考えが浮かんできたら......

過払い金請求先が倒産していた...それでも返還請求は可能?
あなたの過払い金、まだ請求していなくて、気になっているとしたら、早めに手続きを行ってください。これは冗談ではありません。過去に過払い金請求をしようと思っていたら、多くの利用者が......

過払い金を請求にかかる手数料って?
貸金業に対しての過払い金が発生している場合には返還請求手続きをする事が出来ますが、自分でする場合も弁護士や司法書士に依頼する場合でも手数料は必要です。手数料として大きく分けて2つあり......